女子高校生 家出

女子高校生の娘が家出。対処方法は?

家出

自分の娘が家出してしまったら、親としては心配になりますよね。
高校生で女性なら尚更、事件や事故に巻き込まれていないかということも気になります。

>>探偵事務所の24時間相談窓口に相談を!

女子高生の家出、スピードが命

女子高校生が家出をしてしまった時、どのような対応をしたら良いでしょうか?
実は、こどもの家出はスピードが命と言われています。

 

捜査の着手が早いほど、まだ近くにいる可能性が高いため、見つけやすいのです。
逆に、捜査の着手が遅くなるほど、事件や事故に巻き込まれる可能性が高くなると言われています。

 

家出人の状態

 

「そのうち帰ってくるだろう」が通用しない現代

昔は「お金が無くなったから」「泊めてもらう所が無くなったから」という理由で家出を断念し帰ってくるというケースも多かったようです。
しかし今は事情が違います。ネットカフェが有り、スマホがあります。家出少女と大人の援助交際を促すような質の悪いサイトも存在しますから注意が必要です。家出先に困った娘さんがインターネットを通して悪い大人と接触し、事件に巻き込まれる可能性は決して低くないのです。
女子高校生が家出した場合はそのうち帰ってくるだろうと安易に考えず、一刻も早く所在を確かめることが大事です。

 


警察へ相談したほうが良い?

家出

事件、事故の可能性があれば早めに警察へ!

娘さんが事件、事故に巻き込まれている可能性がある場合は、なるべく早く警察に相談して下さい
「捜索願」を出し、捜査を行ってもらうのが一番でしょう。

 

しかし、警察が「事件性がない」「命の危険は無い」と判断すれば、捜索願出しても、専従捜査は行われません。巡回や補導の際に見つかれば、という程度のものになるでしょう。
といのも、捜索願を出されている人の数は多く、全国で約10万人もいるのです。その中で事件性があったり、自殺の可能性があったりする緊急性の高い人の数は3万人以上。警察は、主にこの特異家出人の捜査を優先しているのです。
一般的な家出の場合は、警察ですぐに見つけて貰うことは難しい事を理解しておきましょう

 

家出の常識


24時間無料で相談できるところがあります

原一探偵事務所はこちら

探偵社の24時間相談窓口を利用しましょう

家出で悩んだら、相談できる窓口が有ります。それは探偵社です。
一般的に、家出人を早く見つけるには探偵事務所に依頼するのが望ましいと言われています。
警察で解決できない家出事例を、民間企業のプロとして数多く解決してきたという実績がありますから、腕はピカイチです。
無料の24時間相談窓口が有り、専門の相談員が親身に話を聞いてくれます

 

探偵というと馴染みがないかもしれませんが民間企業ですので、警察に捜索願いを出すよりは敷居は低いのではないでしょうか。
探偵事務所の相談員は人探しの悩みを聞くプロ。しっかりとあなたの言葉を受け止め、力になってくれるでしょう。

 

相談窓口のある人探しに強い探偵事務所


探偵事務所はたくさんありますが、一番適切な相談先は原一探偵事務所です。

 

原一探偵事務所
原一探偵事務所

 

日本国内で20近い支社があり、全国展開している探偵社のため、遠くに家出していても探すことができます。
何より業界最大手の安心感が有ります。家出人捜索の成功実績も高いのがこの探偵社です。
人探しをするTV番組に何度も出演しているのも特徴で、メディアからの信頼も高いです。

 

業界大手の原一探偵社ってどんなところ?

原一探偵事務所は40年という長い歴史のある探偵事務所です。
解決事例は8万件超え。これは業界内でもトップクラスといえます。
質の高いスタッフが経験と実績を活かした探偵業務で力になってくれています。

 

原一探偵事務所が評判なのは、まず依頼者の話を聞き、どのような調査が必要か、その方の立場に立って考えてくれるところです。
マニュアル通りに動くのではなく、依頼主それぞれの状況に応じたきめの細かい配慮がある調査が評判です。
TV番組「徳光和夫の逢いたい」や「TVのチカラ」等での調査協力も行っているのも実はこの原一探偵社。
家出人、行方不明人捜査は浮気調査に次いで多く、高い調査実績を持っているそうです。

 

家出調査を相談すべきタイミングは?

捜索を急ぐ理由

 

メール、チャット、匿名での相談も受け付けています

24時間無料。一度相談されることをおすすめします。

 

▼24時間無料相談窓口開設中。メール、チャット相談もOK▼

原一探偵事務所はこちら

 


家出を繰り返す女子高校生の特徴

家出

解決されない、だからまた家出する

家出を繰り返す女子高校生には共通点があります。
家出の根本的な原因が解決されない、ということです。

 

家出理由としては、両親の不仲、家庭環境の悪さ、進路、学校生活での不安などからくるものが多いようです。
もはや娘さんだけの問題だけでなく、親や周囲の理解も必要になってきます。
親も周りも変わらないかぎり、家出は繰り返されれると心得ましょう。

娘さんが帰ってきたら、ぜひ一度、解決の場を設けてあげて下さい。
探偵事務所へ相談すれば、家出を繰り返さないためのアフターケアのアドバイスもしてくれます。

 

>>探偵事務所の24時間相談窓口に相談を!


女子高校生の家出体験談

高校生の時に家出したことがある女性の話をまとめました。

進路で揉めて家出しました

高校生の頃、進路のことで父親ともめて、家出したことがありました。
もう絶対あんな家なんて戻らない!と、勢いよく駆け出したものの、家を飛び出したのが夜で雨だった為、自転車や電車なども使うことが出来なかったので、近所の幼馴染の家に忍び込んで、家の茶の間で一夜を過ごしました。
朝起きた時、私を見つけた幼馴染のびっくりした顔がわすれられません。
それから、2週間くらい、幼馴染の家で過ごしてから、自宅に戻った記憶があります。

 

幼馴染の家のお母さんが、私が家にいると、母に連絡してくれたようです。
熱り冷めるまで家にいなさいと、幼馴染のお母さんに声をかけられた覚えがあります。
母は、お世話になるので、お米やらおかずなどを幼馴染の家に持って行ったそうです。
私がいない間に、怒った父を母は説得してくれていたようです。

テストの事で親と喧嘩して家出

高校2年の時にテストの点数が悪く、母親に「遊び歩いてばっかりいるから」と怒られ携帯も取り上げられた事にむかつき、家出しました。
2〜3日分の着替えと今までお小遣いを貯金していた通帳とカードを持って、電車に乗り適当な所で降り、そこのビジネスホテルに宿泊しました。
当時大阪に住んでいましたが、着いた場所は確か和歌山だったと思います。
ホテルも未成年1人だけでは断られるかと思いましたが、私服でしたし丁度その日は土曜で、しかも私は年上に見られやすいので宿泊記録に20歳と嘘の年齢を書いてもバレませんでした。

 

1泊して翌日は和歌山を適当にブラブラしていました。
しかし砂浜で海を見ていたら急に家へ帰りたくなったので、公衆電話から家へ電話しました。
親は私が家出したと知るとすぐに警察へ行ったそうです。
私の友達にもどこへ行ったか知らないか聞いて回っていたそうで、電話した時は怒られる所か心配されたので申し訳なくなりました。
結局親が迎えにきて事なきを得ました。
後日学校へ行ったら先生や友達に沢山怒られました。

親の離婚、彼の引越しが原因で・・・

私が15歳のころに親が離婚してしまって、凄く心の寂しい時期がありました。
そんな時好きになった男子生徒が同じクラスにいましたが、彼が親の転勤で引越ししてしまうと知って
凄くショックを受けてしまって家で泣いてばかりいました。泣いている私に対して母親は文句しか言いませんでした。
引越しした彼に会いたくて、彼の家はそれほど遠くないと思って家出してしまったのでした。
母親の態度が気にいらなかったのも、家出の理由です。

 

私は家出して彼が住む離れの家に一緒にいました。そこで食べ物などは彼が買ってきてくれて1週間ほど隠れていました。
親は捜索願も出さなかったので、反対に私のことなんかどうでもいいのかなと思ってしまったんです。

夜遊びを悪いことだと考えず・・・

中学を卒業して、高校に入学するまでの春休み期間、初めて彼氏ができて、彼の家に入り浸りになり家出状態になった。
母子家庭で母が夜も働いていたので、あまり何も考えないまま彼氏の家に家出をした。周りの友達も遅くまで遊んでいたし、家に帰らない子もいて悪いことをしている感覚がなかった。
遅くまで外でたむろしていたり、カラオケで皆で一晩明かしたり。大体の子は、母子家庭や家庭環境が良くなさそうな子達だったなと今なら思う。

 

何日か経って、母から連絡があり無視をしていると、カンカンに怒った兄から激怒のメールが来た。それと母が私の友達の母に連絡して、おばちゃんから家に帰りなさいと言われた。それからは門限が8時になって、彼氏と別れることになった。

田舎から抜け出したくて・・・

家出理由は、ど田舎が嫌だったので進学を機に上京したかったのを、父親に強く反対をされたからです。
田舎なので時間を潰す場所(コンビニ・ファミレス・カラオケなど)が近くに一切ないので、親族の家に父と喧嘩したので泊めて欲しいと頼みました。驚いてはいましたが、夜になっていたのでそのまま泊めてくれました。
母は心配して探していたら、親族の家から連絡があったので安心したそうです。
妹は私が出ていったけど、親族宅にいるのを聞いたので、落ち着いていました。
父は「お前が甘やかすからだと。」と、母に八つ当たりしていました。

 

親族が翌日の朝に、「本人も反省しているから、あまり怒らないで。」と、自宅に送ってくれました。
父は外面は良いのでその場は静かでしたが、親族が帰ると怒り出しました。
しかし私の方が体格が良いのでそのまま喧嘩をして、「絶対に行くと決めたから。」と怒鳴り返して私が勝ちました。
その後は進学希望でしたが学費を出してくれなくなったので、就職で地元を出て滅多に帰省をしません。

家出した女子高校生の気持ちの特徴は「わかってほしい」「聞いてほしい」ということ。
まだ未熟でうまく言葉に出来ない心の叫びが、彼女たちを家出という衝動的な行為に向かわせたのかもしれませんね。
家出は、戻ってきてからも勝負です。帰ってきた彼女たちを親がどう受け止めてあげられるか、それが今後の成長にも大きく関与してくるはずです。
早く見つけて、早く解決してあげること。それが親としての役割ではないでしょうか。
1人で抱えきれない場合は、第三者に相談するのも良いと思います。

なるべく早く見つけてあげましょう!

家出期間が長くなるほど、見つけることが難しくなるだけではありません。

家出先での環境に慣れてしまい、また、新しい人間関係ができたるため、見つけた後の対応も難しくなります。

捜索を急ぐ理由


捜索を急ぐ理由


▼24時間無料相談窓口開設中。メール、チャット相談もOK▼

原一探偵事務所はこちら

更新履歴